甘さのないサツマイモの活用法とアレンジレシピ集!

おやつ

買ったサツマイモが甘くないなんて残念ですよね。

しかし、まだ食べられるサツマイモを
捨てるのはもったいない。

そこで、甘さがないサツマイモの
活用法が気になるところです。

実は、これらのサツマイモは料理に最適です。
砂糖を加えれば、お菓子作りにも使えます。

ここでは、甘さのないサツマイモの活用法や
レシピをご紹介します。

甘さのないサツマイモの活用法

甘さのないサツマイモの使い道については、
サツマイモが甘みを持っていることが一般的ですが、
甘くない場合の活用法に迷うこともあります。

サツマイモは芋類ですから、
甘くないものはじゃがいも
同じように考えると良いでしょう。

じゃがいもは様々な料理に使われているように、
甘くないサツマイモも同様に料理に活用できます。

通常、サツマイモは甘いので
おかずには向きませんが、
甘くないものなら
問題なくおかずとして楽しめます。

甘さがなくても、
サツマイモのホクホクとした食感はそのままです。

また、甘くないものは、
砂糖を加えることでお菓子作りにも使えます。

甘くないサツマイモをどう活用するか悩んでいる方は、
ぜひ以下のレシピを参考にしてみてください!

甘さのないサツマイモのアレンジレシピ集

■サツマイモを汁物に加える方法

多くの人は「サツマイモを汁物に入れると、
全体が甘くなる」と思っていますが、
甘くないサツマイモなら問題ありません。

じゃがいもと同じように、
普段の味噌汁に入れてみるのがおすすめです。

また、豚汁やシチューに加えるのも良いアイデアです。

ただし、サツマイモは長く煮込むと崩れやすいので、
大きめに切って煮るのが良いでしょう。
■サツマイモの大学芋レシピ

甘くないサツマイモでも美味しい大学芋が作れます。

このレシピでは、サツマイモを揚げずに焼くだけで、
醤油と砂糖で甘辛く味付けします。

簡単に作れておいしいので、
ぜひ試してみてください。

■サツマイモのマヨネーズサラダのレシピ

このサラダはサツマイモをマヨネーズで和えることで、
その特性を活かしたおいしさを楽しめます。

マヨネーズと混ぜるだけでも十分ですが、
ツナやチキンブイヨンを加えると、
より風味豊かになり、
サツマイモが苦手な方でも満足できます。

サツマイモを角切りにするか、
マッシュしてペースト状にするかで、風味が異なります。

ペースト状にしたサラダは、
パンに塗ってもとても美味しいですよ。

■サツマイモの肉巻きのレシピ

この肉巻きでは、
サツマイモのほくほくとした食感が存分に味わえます。

ニンニク味噌で濃厚に味付けすることで、
ご飯が進むおいしさになります。

サツマイモを巻く肉は、
豚バラ肉でもロース肉でもお好みで選べます。

特に豚バラ肉を使うと、
サツマイモが肉の脂と旨みを吸い、
さらに美味しくなります。

■サツマイモのスイートポテトレシピ

バニラアイスを使って
簡単にスイートポテトを作るレシピです。

バニラアイスには牛乳や卵が含まれているので、
サツマイモと混ぜるだけで手軽に作れます。

甘くないサツマイモを使う場合は、
はちみつやバターを加えて
甘みを調節するのがおすすめです。

■サツマイモのそぼろあんかけのレシピ

甘辛いそぼろあんがサツマイモと絶妙に合わさり、
寒い日にぴったりの一品です。

そぼろは、鶏挽き肉で作ると軽やかな味わいに、
豚挽き肉で作ると濃厚な味になります。

サツマイモには特に豚挽き肉が合い、
より味わい深くなります。
■サツマイモチップスのレシピ

このレシピは、甘くないサツマイモを
大量に消費するのに適しています。

完成後に甘いソースをかけても良いですし、
シンプルに塩だけでも美味しいです。

薄くスライスしたサツマイモを
しっかり乾燥させることで、
パリパリの食感が持続します。

サツマイモの甘さが不足する原因と対策方法

サツマイモが期待したほど甘くない場合、
いくつかの原因が考えられます。

主要な理由は以下の通りです。

– 収穫が早すぎた
– 熟成が不十分
– 肥料のバランスの問題
– 甘みが控えめな品種を選んでしまった

これらについて詳しく見ていきましょう。

収穫が早すぎた場合

サツマイモは植え付けから
約110~120日で成熟します。

早めに収穫してしまうと、
サツマイモが十分に成長しきれず、
小ぶりなものが増える可能性があります。

適切な収穫時期に収穫しないと、
サツマイモの甘さも十分に出ません。

熟成が不十分な場合

サツマイモは収穫後に
熟成させることで味が向上します。

収穫直後のサツマイモは、
甘みがまだ十分に出ていないため、
熟成させることが重要です。

甘みが控えめな品種を選んでしまった

サツマイモは品種によって甘さの度合いが異なります。

例えば、紫芋はさっぱりとした味わいが特徴で、
特に料理やお菓子作りに彩りを
加えるために使用されます。

紫芋は通常のサツマイモよりも
甘さが控えめなことがあります。

甘くないサツマイモの活用方法

甘くないサツマイモでも、
捨てる以外にも様々な活用法があります。
試してみてください。

料理でのリメイク

甘くないサツマイモはマッシュ状にして
コロッケやポタージュスープに
アレンジするのがおすすめです。

熟成させる

収穫後にサツマイモを熟成させることで、
甘みを引き出すことができます。

1ヶ月ほど冷暗所で寝かせると良いでしょう。

土付きのまま数日間陰干しした後、
新聞紙で包んで保管すると良いです。

品種選び

より甘いサツマイモを求めるなら、

「紅はるか」
「安納芋」
「シルクスイート」
「紅あずま」

など
甘みが特徴の品種を選ぶことが大切です。

これらの品種はそれぞれ特有の甘みと食感を持ち、料理に適しています。

サツマイモの活用法まとめ

甘くないサツマイモの
活用法にはいろいろあります。

そのままの風味を活かして
料理に使うのも良いですし、

甘みを加えてお菓子作りに
使うのも良いでしょう。

サツマイモを美味しく使い切ることができれば、
無駄にならずに済みますね。

 

タイトルとURLをコピーしました